Eat the Rude.

NBC版ハンニバルを捏ねくりまわすよ

S3E13: The Wrath of the Lamb 私と同じ道を行く?

実はここからセリフが激減し、状況説明と感情描写がメインになります。これはもうト書きのレベルじゃない、小説!セリフだけだと1回の記事で終わるのですが、それだと落ちる情報が多すぎるので、スクリプトの状況描写を日本語で要約、セリフと一部ト書きは…

S3E13: The Wrath of the Lamb あなたが必要だ、ハンニバル

E13は大事なシーンが多すぎて、チルトンのシーンを飛ばしてしまって大変申し訳ないきもちです。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ダラハイドを罠にかけるため、ハンニバル脱走偽装の交渉に行くアラーナ。ここはいくつか疑…

S3E13: The Wrath of the Lamb あなたは信仰に出会ったのね

生きていたダラハイドの報復=子羊の怒り(ウィルの義憤)の始まりから。ウィルはもう迷っていないけど、本当の目的がまだ見えてこない。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ハンニバルに「さようなら」を叩きつけてモーテ…

S3E13: The Wrath of the Lamb ウィル、私と出会えてよかった?

ラスト、子羊の怒り。まず前半、ウィルが3度目の拒絶をハンニバルに叩きつけるところまで。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ダラハイドの死の偽装後、リーバとウィルの対話を途中から。 WILL: I won't put you through …

S3E12: The Number of the Beast is 666 彼はあなたを飼ってる

E12はチルトンの山場を飛ばすと実はそんなに分量がなかった!びっくり。チルトン大好きなんだけど、唇かじられて焼かれるシーンを飛ばすことには何のためらいもなかったよ。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです チルトンのビ…

S3E12: The Number of the Beast is 666 ハンニバルは僕に恋をしてる?

なんでウィルは「ハンニバルは僕を愛してるのか?」ってわざわざ言ったん?っていう話をメインにやります!後半さらっと不穏なこと書いてるけどお気になさらず。 ※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです 冒頭、ウィルとベデリア…

S3E11: ……and the Beast from the Sea 坊や、私が間違ってたわ

ハンニバルとウィルの対話以外から、大事なところを抜粋。メインの襲撃シーンは飛ばしてます。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです 冒頭のジャックとウィルが事件について話してるシーンが全カットされてたけど、訳はいいか…

S3E11: ……and the Beast from the Sea きみは変化を熱望していないか?

E11は時系列で把握しにくいので、まずハンニバルとウィルの対話だけ全部抜き出して繋げてます。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ハンニバルとウィルの対話の前に、S3E10の取りこぼしを。女を知って愛の喜びに目覚め、レ…

S3E10: …and the Woman Clothed in Sun あなたはハンニバルを救えなかった

E10はベデリアさんとウィルの対話量がすごい&重要なので、この2人に絞りこんで見ています。珍しくハンニバルとウィルの会話(※事件絡み)を端折ったぞドキドキ。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです まずベデリアさんの講…

S3E9: …and the Woman Clothed with the Sun それが愛の美しい定義だ

S3後半。このへんほとんど初見時の記憶がなくて、毎日新鮮に驚きながら見てます。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです 殺人現場、ハンニバルと月の夜に訪れた庭を1人で探索するウィル、フレディと鉢合わせ。 WILL: You came…

S3E9: …and the Woman Clothed with the Sun 彼に落ち度は何もないのに

2人で謎解きしてるシーンが楽しすぎて逆につらくなってきたので、グレアム特別捜査官と獄中のレクター博士が1シーズンひたすら謎を解き続ける1話完結型ミステリをスピンオフでやってくれないか...。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしか…

S3E9: …and the Woman Clothed with the Sun ウィル、きみは家族だ

S3E9以降はハンニバルとウィルが駆け引きしながらもよく話します。ただただ嬉しい。嬉しすぎて会話全部訳したくなるけどまったく進まないので自制。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです S3E8のラストでウィルとハンニバルが…

S3E8: The Great Red Dragon ハロー、レクター博士

S3E8、シリーズタイトルも変わって新章です。ここからは基本原作に沿って進むし訳す分量減るかな?と思ったら全然そんなことはなかった。キリキリ巻いていくよ!あとダラハイド側のお話にはあまり触れないと思います(堂々)※青字はスクリプトにしかないセリ…

S3E7: Digestivo さようなら、ハンニバル

S3E7ラスト。いやだもうしんどい;; S2E13より断然しんどい;;※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです 顔面移植のシーンから。その動機について、メイスンは「僕が自分自身を切り刻むのを君は観察していた。僕は君のその顔を…

S3E7: Digestivo ウィルを残して立ち去れ、自由になれ

とうとうS3E7。ショッキングなシーンが続きますが、改めて見ると前半はそんなに対訳するシーンがなかった。物語の筋を追うのが目的ではないのと、メイスン達が胸糞わるいのとで。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです 2人が…

S3E6: Dolce このスープはあまりおいしくない

S3E6ラスト。猟奇的な表現が目白押しですご注意! ※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ウィルの幻覚を受けて、ここからは現実のシーン。ウィルが目を開くと晩餐のテーブルについていて、新しいシャツに着替えている(これが…

S3E6: Dolce サプライズが台無しになる

S3E6怒涛の後半です。まだだ、まだ頭蓋骨ギュイーンまでいってないぞ。 ※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ウフィツィ美術館からにぎやかな中庭へ出たウィルとハンニバル。このシーンはカメラ指示が多いので対訳せず流れの…

S3E6: Dolce 僕らはシャムの双子だ

わああああS3前半のヤマが来てしまったぞ...。 ※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです プリマヴェーラの前でベンチに座り、静かにスケッチするハンニバル。ニンフの顔はベデリアさんとそっくりで、ニンフに抱きつこうとする西…

S3E6: Dolce ウィル・グレアムがハンニバルの最大の過ちだと思ってた

S3E6、嵐の前の静けさ。ハンニバルはベデリアさんの手当てを受けて何とか回復しつつある状態です。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです まずはハンニバルを逃した後、カッポーニ宮で語り合うジャックとウィル。賞金に目がく…

S3E5: Contorno あなたが彼を殺さないのは、彼になっていくのを恐れているから

S3E5後半はジャックにギタギタにされるハンニバルがメインです。え、待って次の次でもうS3E7?私が数日間放心したあげく仕事先で飛行機に乗りそこねて仙台に2泊した原因となったあのS3E7?(ゴリゴリの私怨)まだ心の準備ができていない…! あ、そういえば…

S3E5: Contorno ウィル・グレアムはあなたを殺す途上にいる

S3E5前半、やっと楽しくなってきたかもしれない。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです フィレンツェへ向かう列車の中、幼少時の貴重なハンニバル情報を話すチヨ。小さなケモノだったハンニバルの話と、カタツムリを食べる鳥…

S3E4: Aperitivo 彼らの関係性は男女の恋愛遊戯に等しい

S3に入ってからウィルの思惑がわからず唸ってたんですけど、ちょっと霧が晴れたのでさくさく進めていくよ!※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです MASON: I want you to understand, this is not a revenge thing, Dr. Bloom. …

S3E4: Aperitivo 彼と一緒に逃げてしまいたかったから

S3E4はチルトン、メイスン、アラーナ、マーゴと役者が揃い、ようやく物語が動き出します。今回は復讐に燃えるチルトンの巡礼がメインなんですが、一方でS2E13のラストシーンの回想、つまり「ウィルがあのときジャックを裏切ってたら?」という反実仮想が全体…

S3E3: Secondo 彼らはお互いを受け入れてる

引き続きリトアニアのウィルとチヨ、ハンニバル、囚人をめぐる会話と、息抜きにジャックとパッツィの会話。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです チヨとウィルがお茶を飲みながら会話してる途中から。 CHIYOH: Hannibal took …

S3E3: Secondo 僕たちは「仲間」だった

今回はリトアニアを中心にウィルとハンニバルの記憶の宮殿の会話と、ウィルとチヨの会話が明かすハンニバルの過去。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ミーシャのお墓を確認した後、ウィルは記憶の宮殿でハンニバルとお話…

S3E3: Secondo 彼に会って嬉しかった?

S3E3はちょっとわかりにくすぎるので、順番を入れ替えてハンニバル-ベデリアさんの会話のみ数珠つなぎにしています。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです まずは冒頭、カットされたフェレンツェの駅のシーンから。 - HANNIBA…

S3E2: Primavera 僕はあなたを許すよ

ここはもう訳したかったら訳しました!という感じです。カットされたシーンも特にないし、考察も感想もないよ。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです アビゲイルが消えてハンニバルが立ち去った後、ノルマン宮殿の祭壇の前に…

S3E2: Primavera もしあのとき誰も死ななかったらどうなってた?

S3はやっぱり難解で、なかなか進まない...。とりあえずハンニバルがウィルにブロークン・ハートを突き付けたシーンから。 - The faux organ hovers above the floor, supported by a makeshift tripod formed by a TRIO OF SWORDS run through the body. Dow…

S3E2: Primavera 彼は見つけてほしがってる

病院でのアビゲイル登場シーンから。※青字はスクリプトにしかないセリフ、赤字は映像にしかないセリフです ABIGAIL: They told me he knew exactly how to cut me. They said it was surgical. He wanted us to live.アビゲイル:私の切り方を彼は完全に理解…

S3E1: Antipasto もし私が青ひげの妻なら、最後の妻になりたい

S3は「初めて観る現在進行形のシーン」と「既出シーンのカットバック」、そして「これまでのシーンの別アングル/背景/空白補足」が行きつ戻りつ混在するので、S1~S2までの流れと映像が頭に入ってないと時系列もおぼつかない鬼仕様です。これS3から新規参入…